フォーエバーヤングの次のレースの出走予定は?なんJでの評価や血統・主戦騎手などを徹底解説!

競走馬フォーエバーヤング

どうも。競馬口コミダービーの管理人の木口順一だ。

今回はサイバーエージェント代表・藤田晋さんに初めてG1勝利をもたらした競走馬「フォーエバーヤング」を紹介する。

馬名 フォーエバーヤング
生年月日 2021年2月24日
鞍上経験 坂井瑠星
脚質 逃げ、先行、差し自在
生産者 ノーザンファーム
馬主 藤田晋
調教師 矢作芳人 (栗東)
獲得賞金総額 8,420万円
POG獲得ポイント 4220
リアルスティール
フォエヴァーダーリング
母父 Congrats
近親馬 モンファボリ、ダノンマイソウル

セレクトセールの落札額は1億780万円。

今もっとも注目されている種牡馬リアルスティールの産駒であるこのフォーエバーヤングのこれまでの実績や血統、そして次走にまつわるあれこれまで調べたのでこの記事で紹介していく。

この記事でわかること
  • 次走予定・ローテ
  • なんJでの評価からわかること
  • 産駒・血統からわかる
    フォーエバーヤングの
    ポテンシャル
  • 主戦騎手は誰か
    乗り替わりの可能性はあるのか
  • 馬主・オーナーの経歴から
    フォーエバーヤングの
    今後の可能性を探る

2024年のダートの主役として活躍するだろうと期待されているこのフォーエバーヤング。

独自の視点で徹底的に紹介していくのでぜひ最後までご覧いただきたい。

馬アイコンこの記事を書いたのは

執筆者画像

木口 順一

競馬歴18年の42歳。

何年か前にブログや掲示板を運営する某会社を退職。
退職後はそのノウハウと自分の長い競馬歴で何かできないか考えた末、競馬口コミダービーを設立。

安定して稼げる競馬予想サイトを探すために、ユーザーからの口コミを基に検証を続けている。

今まで検証してきた予想サイトの数は1,000サイト以上。
その結果が実を結び、検証したサイトの的中率ランキングページをグーグル検索で「競馬予想サイト 的中率」の検索結果1位に表示させることに成功した。

現在は競馬予想家・競馬ジャーナリストとしても活躍中。
好きなレースはやっぱり日本ダービー。

...続きを読む

フォーエバーヤングの次走は?(2023年12月27日更新)

見事G1全日本2歳優駿で勝利したフォーエバーヤングだが、次走の予定については調整中。

馬主の藤田晋さんは「来年からダート三冠もあるし、サウジやケンタッキーダービーもあるし」と様々な可能性に言及、指針はまだ決まっていないようだ。

これに調教師も「オーナーの夢を優先する」としているが、担当する矢作調教師は海外志向の強い性格でもあり、ドバイターフなどでも結果を出しているので今のところ海外での挑戦が優勢といったところだ。

今後も陣営の発表があり次第更新していくので見逃さないようにしてくれ!

なんJなど掲示板では高評価ながら不安も

フォーエバーヤングは競馬ファンからどのように評価されているのか調べてみた。

競馬好きの集まる5ch(旧2ちゃんねる)のなんでも実況版、通称なんJで検索して見つけたスレッドの内容をまとめてみた。

フォーエバーヤングの
なんJでの評価まとめ
  1. リアルスティール産駒
    今イケイケだな
  2. また藤田か
  3. ノーザン激推しだな
    この産駒
  4. つっよ
  5. ダート三冠あるぞ
  6. あんな変な走りで
    タイムもいいぞ
  7. 最後の加速がエグすぎる
  8. ダートの新馬戦で
    あんな末脚見たことない
  9. 牝系が地方ダート走ってるな
    こっちの血と
    リアルスティールが噛み合わせ良かった
    んじゃないか?
  10. 調教矢作だから
    海外も全然いける
  11. 明らかに成長段階
    なのにとんでもなく強い
  12. 出遅れとかも
    克服してるな
    大外からあの走りができるなら
    なんでも来いじゃないか
  13. レモンポップ2世
  14. サウジケンタッキーあるぞ
  15. 社台から追い出された
    リアルスティールから
    まさかこんな馬が出てくるとは
  16. ダートこれから盛り上がる時に
    良い馬出てきたな
  17. ディープの系譜に
    やっと希望の光が
  18. もうリアルスティール産駒の
    歴代賞金1位じゃん

ここまで無敗でG1勝利まで駆け上っていたことや、そのレースの内容がすさまじかったことからそのほとんどがフォーエバーヤングを評価する声だった。

そのどれもが夢物語というわけでもなく、2024年から始まるダービー三冠や、初のケンタッキーダービー制覇すら信じて疑わないといった調子。

このフォーエバーヤングフィーバーがどこまで続くのか、今から楽しみだ。

母系の特徴がダートに活きる?血統から考えられるフォーエバーヤングの可能性

フォーエバーヤングがなぜこれまでの結果を出せたのかを血統から深掘りし、さらに今後どんな走りを見せてくれるか、その可能性についても紹介したいと思う。

まずは血統の主要要素になる父リアルスティールの特徴をまとめてみた。

リアルスティールの
特徴
  1. 芝適性で
    不良馬場は若干弱め
  2. 適正距離は
    マイルから長距離まで
    自在
  3. 成長性は普通曲線
    早くから素質を見せ
    古馬になっても結果を出していた
  4. スタートに強い
  5. 両回り得意

海外G1で勝利し、国内でも短中距離から長距離までまんべんなくグレードレースで掲示板内に入った名馬だ。

距離だけに焦点を当てて言うならダート三冠までなら余裕で圏内、海外への可能性も感じることのできる血統だ。

そして一番気になる部分で言えばそのダートへの適性の部分だろう。

リアルスティールは父親ディープからの血統で見ても明らかに芝適性、種牡馬としてまだデータが少なくダートで活躍しているのはこのフォーエバーヤングが初なので2024年以降活躍できるかどうかではまだなんとも言えない部分が多い。

強いて挙げるとすれば母親の血統から見える可能性だ。

母、フォーエバーダーリングはアメリカ産の競走馬でダート1400のG2サンタイネスSの勝ち馬。

有馬を制したゼンノロブロイの母親として名前を知っている人も多いだろう。

そこからつながる母父CongratsもダートG2で勝利経験あり、この血統とリアルスティールとの噛み合わせでフォーエバーヤングの2歳馬の時の快進撃があった可能性は十分にある。

可能性を抜きにしても正真正銘の良血統、今後も2024年以降のダートの主役として国内国外問わず活躍してくれるはずだ。

主戦騎手は坂井瑠星さん

坂井瑠星騎手

ここ2年だけで3頭の馬をG1で勝利に導いている実力派ジョッキーの一人だ。

所属は矢作厩舎、このフォーエバーヤングの入厩先だ。

矢作厩舎では期待値の高い馬に坂井騎手が乗ることが多く、フォーエバーヤングをG1まで勝利に導いたこの坂井瑠星はこのままほぼお手馬確定、乗り替わりの心配は基本的にないと言っていいだろう。

2023年には同じく鞍上を務めたレモンポップがドバイゴールデンシャヒーンで惨敗、フォーエバーヤングが海外に挑戦するとなればそのリベンジを果たして欲しいところだ。

調教師は海外競馬にも強い矢作芳人さん

担当の矢作芳人さんは西の名門と呼ばれていて、コントレイルやリスグラシューなど現在までに数々の名馬を生み出している。

年度別成績は毎年トップ争いをするほどで、今まで管理してきた馬の獲得賞金上位を並べると知ってる名前ばかりになる名調教師だ。

馬名 性別
生年
主な勝鞍 賞金総額
コントレイル 牡馬
2017年
21’ジャパンC(G1) 11億9529万円
リスグラシュー

牝馬

2014年

19’有馬記念(G1) 8億8738万円
スーパーホーネット

牡馬

2003年

08’毎日王冠(G2) 5億3538万円
グランプリボス

牡馬

2008年

11’NHKマイルC(G1) 5億1329万円
モズアスコット

牡馬

2014年

18’安田記念(G1) 4億2171万円
リアルスティール

牡馬

2012年

16’ドバイターフ(G1) 4億1676万円
ラヴズオンリーユー

牝馬

2016年

19’優駿牝馬(G1) 3億3874万円
パンサラッサ

牡馬

2017年

22’ドバイターフ(G1) 3億1670万円
ダイワマッジョーレ

牡馬

2009年

13’京王杯スプリングC(G1) 2億9932万円
ステイフーリッシュ

牡馬

2015年

18’京都新聞杯(G2) 3億30万円

フォーエバーヤングの父、リアルスティールの管理も矢作調教師その人。

そういった意味では同じ血統の馬の調教となった時にこれ以上の適任はいないだろう。

海外G1に進むにしても、国内ダート三冠に進むにしても万全の調整をしてくれるに違いない。

今後の指針を楽しみにしながらコメントにも注目しておこう。

管理は2023年に大躍進を遂げた藤田晋さん

フォーエバーヤングの管理はサイバーエージェントの社長として知られる藤田晋さん。

馬主としての活動はここ数年の話で、保有している馬の生年も浅く、まだ名馬という名馬はいない。

馬名

性別

生年

主な勝鞍 賞金総額
ドーブネ 牡馬
2019年
23’キャピタルS(L) 1億5603万円
ジャングロ 牡馬
2019年
22’ニュージーランドT(G2) 1億217万円
メタマックス

牡馬

2020年

23’銀嶺S(1600万下) 6325万円
デュガ

牡馬

2019年

23’バーデンバーデンC(1600万下) 5717万円
シンエンペラー

牡馬

2021年

23’ラジオNIKKEI杯京都2歳S(G3) 4069万円
フェイト

牡馬

2020年

23’3歳以上1勝クラス 3365万円
フロムダスク

牡馬

2020年

22’2歳新馬 3001万円
クロデメニル

牝馬

2019年

22’3歳以上2勝クラス

2,663万円 (中央)

120万円 (地方)

チャンスザローゼス

牡馬

2020年

22’アイビーS(L) 2518万円
マチカゼ

牡馬

2020年

23’3歳上500万下 2279万円

この2023年、藤田晋さんには追い風の年になった。

ドーブネのリステッド競走での勝利や、フォーエバーヤングと同じく2023年デビューのシンエンペラーのG2京都2歳Sでの勝利などここ数年「爆買い」とも称される競走馬購入の結果が実り始めている。

そしてついにこのフォーエバーヤングでG1初勝利、陣営としては過去類を見ないほどに勢いついていることだろう。

現在フォーエバーヤングの海外挑戦、もしくは2024年から新設される国内ダート三冠のどちらに歩を進めるかが注目されている。

今までの藤田晋さんの購入金額や、性格を考えるとロマンのある海外競馬挑戦が濃厚とはされているがどうなるか。

陣営の発表には目を光らせておこう。

フォーエバーヤングは名馬の道を歩めるか

競走馬フォーエバーヤング

ここまでの血統や成績、騎手やオーナーなど様々な面で紹介してきた。

2023年デビューの中でもダートでひときわ光る結果を残したこのフォーエバーヤングだが、このまま2024年の主役にもなれるか今から楽しみだ。

藤田晋さん管理のフォーエバーヤング、中央牝馬ならボンドガール、牡馬ならシンエンペラーのこの3頭の活躍は見逃さないようにしよう。

競馬口コミダービーのLINE公式アカウントが遂に始動!

LINE公式アカウントQR

優良カテゴリーから探す

悪徳カテゴリーから探す