ジャスティンアースの次のレースの出走予定は?なんJでの評価や血統・主戦騎手などを徹底解説!

どうも。競馬口コミダービーの管理人の木口順一だ。

今回は2021年生まれのキズナ産駒の中でもこの馬、ひょっとして化けるのではと考えている「ジャスティンアース」について紹介したいと思う。

馬名 ジャスティンアース
Justin Earth
生年月日 2021年2月8日
鞍上経験 松山弘平
脚質 先行
生産者 三嶋牧場
馬主 三木正浩
調教師 杉山晴紀 (栗東)
成績 [1-0-1-1]
獲得賞金総額 1,140万円
POG獲得ポイント 1,140
キズナ
ユーヴェットシー
母父 Bodemeister
近親馬 ユーヴェットシーの2023

最近で言えばメイショウハリオを輩出した三嶋牧場、そしてディープ産駒の名馬ジャスティンパレスなどの管理で有名な三木正浩が馬主と布陣はばっちり。

そして成績としてはパッとしないのが現状だが、なぜこのジャスティンアースに注目しているかを独自の見解とともに紹介していく。

この記事でわかること
  • 次走予定・ローテ
  • なんJでの評価からわかること
  • 産駒・血統からわかる
    ジャスティンアースの
    ポテンシャル
  • 主戦騎手は誰か
    乗り替わりの可能性はあるのか
  • 馬主・オーナーの経歴から
    ジャスティンアースの
    今後の可能性を探る

ここまでの走りを見た結果この馬、いきなりクラシックあたりで頭角を表す可能性を秘めていることがわかった。

この記事ではその可能性についてわかりやすく紹介しているので、ぜひ最後まで御覧いただきたい。

馬アイコンこの記事を書いたのは

執筆者画像

木口 順一

競馬歴18年の42歳。

何年か前にブログや掲示板を運営する某会社を退職。
退職後はそのノウハウと自分の長い競馬歴で何かできないか考えた末、競馬口コミダービーを設立。

安定して稼げる競馬予想サイトを探すために、ユーザーからの口コミを基に検証を続けている。

今まで検証してきた予想サイトの数は1,000サイト以上。
その結果が実を結び、検証したサイトの的中率ランキングページをグーグル検索で「競馬予想サイト 的中率」の検索結果1位に表示させることに成功した。

現在は競馬予想家・競馬ジャーナリストとしても活躍中。
好きなレースはやっぱり日本ダービー。

...続きを読む

【2024年最新】競走馬を熟知した予想サイトトップ3

競走馬の数は増加傾向、近年ではJRAの登録馬は9000頭を超える年もある。

その1頭1頭に成長曲線や調子の良し悪し、陣営の思惑が絡んでくるとなると、注目されている馬を追うだけでもその情報量は膨大だ。

競馬を観戦して楽しむだけならザッと押さえていればいいが、こと予想で勝とうと思うならかける時間も労力もとんでもないことになるだろう。

そこで今回は競走馬のことを熟知し、賞金ランキング上位の馬を倒す伏兵の穴馬すら押さえるプロの競馬予想サイトを3つ紹介する。

競馬予想サイトは毎週末予想を公開していて、その買い目は個人では不可能なレベルの情報収集や裏づけ作業を行い、プロの馬券師が提供している。

それを見れば巷で言われている競走馬の実力が本当に正しいかなどの判断にも使えるだろう。

今回は無料で提供される予想を実際に継続的に使って、特に結果の良かったトップ3の成績もまとめた一覧がこちら。

※右にスクロール可能

順位
名前 
概要 成績
的中率
利益
平均利益
回収率
投資金額
平均投資

1位

えぶり

重賞レースで
好配当的中
連発!

42戦25勝17敗

的中率59.5%

+313,500円

平均+7,464円

249.3%

210,000円

平均5,000円

2位
ケイバ
一番星

一撃
139万円!

16戦8勝8敗
的中率50%

+1,416,090円

平均+88,505円
685.2%

242,000円

平均15,125円

3位

セントラル
競馬

ワイド5点で
安定的中!

5戦5勝0敗
的中率100%

+85,600円

平均+17,120円
442.4%

25,000円

平均5,000円

登録といくつかの公開されている予想を受取るだけなら無料で利用が可能。

1サイトで満足いかないということであれば、複数のサイトを一気に利用するというのもありだろう。

これらの競馬予想サイトで注目されている馬を主体に調べていったり、もし競走馬の情報を予想に活かしたいと思ってこの記事を見ている人なら自分の予想と比較したりいっそそのまま公開された買い目に丸乗りしてしまうのもありだろう。

参考にする情報や予想は多い方が勝率は間違いなく上がる、ぜひ利用してみてくれ!

ジャスティンアースの次走は?(2023年3月8日更新)

それでは改めてジャスティンアースの紹介をしていこう。

次走の出走予定は3月10日の3歳1勝クラス。

すでに出走馬は出揃っているが、前走までの成績でジャスティンアースほどの経歴を持つ馬はおらず予想も1番人気。

前走きさらぎ賞で掲示板内だったことも考えるとここで勝つことはマストだ。

弾みをつけ、皐月賞はむずかしいがNZTからのNHKマイル、もしくはダービートライアルからダービーなどまだまだ可能性はある時期なので頑張ってほしい。

ジャスティンアースはここまで3戦1勝!

ジャスティンアースの今までの成績をまとめた一覧はこちら。

日付会場 レース名
距離
人気 着順 騎手 勝馬
(2着馬)
2023年10月09日
京都5R

2歳新馬戦

芝2000m

1番
人気
3着 松山弘平 オールナット
2023年11月25日
京都3R

2歳未勝利

芝1800m

2番
人気
1着 松山弘平 インファイター
2024年2月4日
京都11R

【G3】きさらぎ賞
芝1800m

3番
人気
5着 松山弘平 シンエンペラー

現在3戦1勝。

前述の通り、成績的にそこまでではないがよく見るとどのレースも人気が高く、かなり期待されいていることがわかる。

その期待値の高さの理由が新馬戦に隠されていたので解説しよう。

新馬戦の面子のレベルが高く今後に期待

ジャスティンアースが期待されている理由は他にもあるが、ここで注目したいのは新馬戦の横並びの出世率だ。

新馬戦以後に特に目立った活躍をした馬をまとめてみると、そのレベルの高さがわかりやすいだろう。

着順 馬名 その後
1着 オールナット 1勝クラス3着
2着 プレリュードシチー 京都2歳S2着
3着 ジャスティンアース
4着 メイショウタバル つばき賞1着
5着 ウォーターリヒト シンザン記念3着
7着 レグロスヴァーグ ダート転向で勝ち上がり
8着 アリストクラシア 勝ち上がり

以上なまでの勝ち上がり率と重賞での掲示板内が続いていて、ジャスティンアースも今後大金星を上げるのではと競馬ファンの中でも深く成績を読み込む層からかなり評価されている。

その読み通りに今後ジャスティンアースは躍進できるのか、見逃さないようにしておこう。

キズナ産駒なのでクラシックは圏内!母系がどれほど影響するか

ジャスティンアースがなぜこれまでの結果を出せたのかを血統から深掘りし、さらに今後どんな走りを見せてくれるか、その可能性についても紹介したいと思う。

まずは血統の主要要素になる父キズナの特徴をまとめてみた。

キズナの
特徴
  1. 適性距離は
    短中距離から
    長距離
  2. 早熟で
    長く走れる
    成長曲線
  3. 両周り得意
    だが若干右優勢

2013年のダービー馬として有名で、その適正距離はマイルから3200mの長距離までかなり広い。

この特性が産駒に受け継がれればクラシックは菊花賞まで余裕で圏内だ。

父にこのキズナを持つジャスティンアースなら3歳馬になった今からでも期待できるのではと思ってしまうところ。

しかし、血統はそんな単純なものではない。

下記は生涯獲得賞金順に並べたキズナ産駒の一覧だ。

馬名 性別
生年
距離適性 主な勝鞍 母父 獲得賞金総額
ソングライン 牝馬
2018年
短中距離 23’安田記念(G1) ルミナスパレード シンボリクリスエス 6億8,855万円
ディープボンド 牡馬
2017年
中距離・中長距離・長距離 22’阪神大賞典(G2) ゼフィランサス キングヘイロー 6億7,568万円
テリオスベル 牝馬
2017年
中距離・中長距離 23’ブリーダーズゴールドC(G3) アーリースプリング クロフネ 7,562万円 (中央)
1億6056万円 (地方)
ファインルージュ 牝馬
2018年
短中距離・中距離 21’フェアリーS(G3) パシオンルージュ ボストンハーバー 2億3,714万円
アカイイト 牝馬
2017年
中距離 21’エリザベス女王杯(G1) ウアジェト シンボリクリスエス 2億3,002万円
ハギノアレグリアス 牡馬
2017年
中距離・中長距離 23’シリウスS(G3) タニノカリス ジェネラス 1億6,747万円(中央)
3,300万円(地方)
マルターズディオサ 牝馬
2017年
短距離・短中距離・中距離 20’チューリップ賞(G2) トップオブドーラ Grand Slam 1億7,451万円
ビアンフェ 騙馬
2017年
短距離 21’函館スプリントS(G3) ルシュクル サクラバクシンオー 1億5,965万円
ダディーズビビッド 牡馬
2018年
短距離 22’信越S(L) ケイティーズギフト フレンチデピュティ 1億5,941万円
スマートリアン 牝馬
2017年

短距離・短中距離

23’福島テレビオープン(OP) スマートオーシャン Mr. Greeley 1億5,273万円

賞金獲得総額の高い順に並べてもG1を勝てている馬は実は多くなく、しかも重賞で勝てている馬も短距離やマイルが多い。

産駒成績ランキングで見るとキズナ産駒は毎年上位なのだが、実は格の高い中距離中長距離で戦える産駒は少なく、そうなるとジャスティンアースの期待値としてもクラシックへの可能性はそこまで高くない。

そうなると考慮すべきは母系の血統の期待値だ。

母父にあたるBodenmeisterはアメリカ産競走馬、重賞だと2200mあたりの重賞なら上位入線を果たしている。

海外産競走馬かつ、まだデータも少ない母系の血統なので父親側の血統の可能性以上に不明確ではあるが皐月賞や甘めに見てダービーまでは圏内。

そしてどの路線を辿るにしてもジャスティンアースが良血馬なことには変わらないので期待しよう。

主戦騎手は松山弘平さん

松山弘平騎手

200名近くいる騎手の中で、勝率ランキングは毎年当たり前のようにトップ5入り。

ここで注目したいのは松山さんとこのあと紹介する調教師との関係性だ。

松山さんとその調教師はかなり懇意な関係性で、調教時点で期待値が高かったり馬主との関係性が深い場合は松山さんに騎乗依頼をかけることが多い。

その鞍上の代表例はあの牝馬三冠を達成したデアリングタクトだ。

その他にもこの前のフェブラリーSで2着のガイアフォースや、ルガルの新馬戦を務めたことを引き合いに出せばピンとくる競馬ファンもいるだろう。

その期待値の高さからジャスティンアースには今見える成績以上の何かを見出していることがわかるので、ここからも鞍上はそのままに期待したいところだ。

調教師は杉山晴紀さん

ジャスティンアースを担当する調教師は杉山晴紀さん。

これまで管理してきた競走馬をまとめてみたので確認してみてくれ。

馬名 性別
生年
主な勝鞍 賞金総額
ジャスティンパレス 牡馬
2019年
23’天皇賞(春)(G1) 6億5,387万円
デアリングタクト

牝馬

2017年

20’優駿牝馬(G1) 6億1,091万円
ガイアフォース

牡馬

2019年

22’朝日杯セントライト記念(G2) 2億1,325万円
ミスニューヨーク

牝馬

2017年

22’ターコイズS(G3) 2億347万円
エルトンバローズ

牡馬

2020年

23’毎日王冠(G2) 1億5,582万円
ウインテンダネス

牡馬

2013年

18’目黒記念(G2) 1億4,898万円
アリーヴォ

牡馬

2018年

22’小倉大賞典(G3) 1億4,711万円
ベレヌス

牡馬

2017年

22’トヨタ賞中京記念(G3) 1億3,882万円
ナムラミラクル

牡馬

2013年

18’夏至S(1600万下) 1億2,951万円
ルガル

牡馬

2020年

24’シルクロードS(G3) 1億2,150万円

やはり目を引くのは秋の天皇賞を制したジャスティンパレスだろう。

ディープ産駒でディープを親に持つキズナ産駒のジャスティンアースとも血統背景は近く、その点でやはり馬主も期待を持って杉山晴紀さんに任せているのがわかる。

そして前述のデアリングタクトの鞍上を任せた松山弘平と布陣としては陣営の考えられるフルパワーと言っていいだろう。

管理・馬主は三木正浩さん

現在までにダノックスが保有していた主な競走馬を、獲得賞金総額トップ10までまとめてみた。

馬名 性別
生年
主な勝鞍 賞金総額
ジャスティンパレス 牡馬
2019年
23’天皇賞(春)(G1) 6億5,387万円
ジャスティンカフェ 牡馬
2018年
23’エプソムC(G3) 2億924万円
アグリ 牡馬
2019年
23’阪急杯(G3) 1億5,174万円
ジャスティンスカイ 牡馬
2019年
23’洛陽S(L) 8,219万円
エリカヴィータ 牝馬
2019年
22’フローラS(G2) 6,665万円
ハセドン 牡馬
2019年
23’バレンタインS(OP) 6,294万円
ジャスティンロック 騙馬
2019年
21’ラジオNIKKEI杯京都2歳S(G3) 4,935万円
ジャスティンミラノ 牡馬
2021年
24’共同通信杯(G3) 4,855万円
ジャスティンヴェル 牡馬
2019年
22’瓢湖特別(1勝クラス) 4,464万円
ジャスティンエース 牡馬
2019年
23’松前特別(2勝クラス) 4,402万円

やはり1番の出世頭はジャスティンパレスだが、注目はジャスティンアースと同じ年デビューのジャスティンミラノ。

こちらは共同通信杯で勝利し、皐月賞に向かう王道コースを進んでいるが血統はジャスティンアースと同じくキズナが父親。

このことからジャスティンアースのローテ予想もジャスティンミラノを踏まえて考えることができるのでこちらの動向も見逃さないようにしよう。

叩き上げのジャスティンアースの今後は?

ジャスティンアース

ここまでの血統や成績、騎手やオーナーなど様々な面で紹介してきた。

じわじわと結果を出してきたジャスティンアース、今後にも期待はできるがどうなるか。

まずはきさらぎ賞からの挽回を願って次走の結果を期待したいところだ。

競馬口コミダービーのLINE公式アカウントが遂に始動!

LINE公式アカウントQR

優良カテゴリーから探す

悪徳カテゴリーから探す