3歳馬ランキング2024!距離別注目&有力馬一覧!最強はどの馬?

3歳馬ランキング2024

どうも、競馬口コミダービーの管理人木口順一だ。

今回は2024年注目の3歳馬をランキング形式で発表していく。

クラシックで結果を出せるのはどの馬なのか、2歳のうちから結果を出したあの馬から今後一気に化ける馬まで独自の視点で調べ上げてきたので紹介していこう。

ランキングの最後には、管理人が特に注目しているおすすめの馬も発表。

獲得賞金だけではその期待値は測り知れず、思わぬ伏兵を見逃さないためにもぜひ最後までご覧いただきたい。

馬アイコンこの記事を書いたのは

執筆者画像

木口 順一

競馬歴18年の42歳。

何年か前にブログや掲示板を運営する某会社を退職。
退職後はそのノウハウと自分の長い競馬歴で何かできないか考えた末、競馬口コミダービーを設立。

安定して稼げる競馬予想サイトを探すために、ユーザーからの口コミを基に検証を続けている。

今まで検証してきた予想サイトの数は1,000サイト以上。
その結果が実を結び、検証したサイトの的中率ランキングページをグーグル検索で「競馬予想サイト 的中率」の検索結果1位に表示させることに成功した。

現在は競馬予想家・競馬ジャーナリストとしても活躍中。
好きなレースはやっぱり日本ダービー。

...続きを読む
この記事でわかること
  • 牡馬・牝馬・ダートの
    ランキングトップ10
  • 距離別の最強馬候補
  • 3歳馬リーディングサイアー
    ランキング
  • 重賞結果一覧

ランキングの評価基準

ランク内の馬を選ぶにあたって、まずはその選考理由を明らかにしておこう。

2歳馬のランキング基準は次の9個で、それぞれをSSSAAABCでランク付けしていく。

ランキング
採点項目
詳細
主な勝鞍 単純なグレードだけでなく、
トライアルなどレースの格なども細かく採点
血統構成

成績は良いが勝馬率で考えると
そこまでな血統は辛口で採点

実績、セリ落ちのしやすさなども視野に入れる項目。

馬体の良し悪し

繋ぎ、胴の長さ、毛ヅヤ、コズミなど
その時々の調子の良し悪しも採点対象。

生産者

社台ノーザンはもちろん、

バンブーなど細かい牧場まで
実績含みで評価。

馬主 実績をメインに
その馬主の将来性・注目度も加味している。
調教師 生産者、馬主との相性も含めた評価。
競走数 多い、少ないではなく本格化前後かどうかとの
兼ね合いも込みで評価を決める。
今までのレース内容 勝利数が多くとも
実力のない馬に対し辛勝などなら
評価は低め。
距離適性 距離適性が幅広いか、国内の重要な重賞で結果を出せるか。

これらの項目を総合してランキングを決定していく。

ランキングには各ランクも明記しているので順位だけでなく、その馬のどこを評価しているかも参考にしてみてくれ。

牡馬ランキングトップ10

※名前をタップで次走予定・近況などの詳細にアクセス可能

順位/馬名 総合評価 成績
調教師
馬主
生産者 母父 獲得賞金
主な勝鞍
落札金額

1位 / ジャンタルマンタル

SS

[3-1-0-0] / S

Palace Malice

インディアマントゥアナ / S

高野友和 (栗東)

社台レースホース / S

社台ファーム / S Wilburn

1億3,291万円
23’朝日杯フューチュリティS(G1)

2位 / シンエンペラー

S [2-1-0-0] / S

Siyouni

Scarlet’s Sister / A

矢作芳人 (栗東)

藤田晋 / A

Ecurie Des Monceaux / C Galileo

6,905万円

23’ラジオNIKKEI杯京都2歳S(G3)

3位 / エコロヴァルツ

A [2-1-0-1] / A

ブラックタイド
プティプランセス / S

牧浦充徳 (栗東)

原村正紀 / B

下河辺牧場 / S キングカメハメハ 5,583万円
23’コスモス賞(OP)
4位 / シュトラウス A [2-0-1-1] / A

モーリス
ブルーメンブラット / A

武井亮 (美浦)
キャロットファーム / S
ノーザンファーム / S アドマイヤベガ 5,390万円
23’東京スポーツ杯2歳S(G2)

5位 / ノーブルロジャー

A [2-0-0-0] / A

Palace Malice

Noble Ready / S

吉岡辰弥 (栗東)

ノルマンディーサラブレッドレーシング / A

Candy Meadows LLC / A More Than Ready 4,885万円
24’シンザン記念(G3)
6位 / ダノンエアズロック A

[2-0-0-0] / A

モーリス

モシーン / A

堀宣行 (美浦)

ダノックス / S

ノーザンファーム / S Fastnet Rock

2,433万円

23’アイビーS(L)

4億9,500万円
7位 / トロヴァトーレ B

[2-0-0-0] / A

レイデオロ

シャルマント / C

鹿戸雄一 (美浦)
サンデーレーシング / S
ノーザンファーム / S エンパイアメーカー

1,811万円

23’葉牡丹賞(500万下)

8位 / シックスペンス B

[2-0-0-0] / A

キズナ

フィンレイズラッキーチャーム / A

国枝栄 (美浦)

キャロットファーム / S

ノーザンファーム / S Twirling Candy

1,811万円

23’ひいらぎ賞(500万下)

9位 / ストーンズ B

[1-0-0-1] / B

ドゥラメンテ

ジェイウォーク / A

友道康夫 (栗東)
エムズレーシング / C
ノーザンファーム / S Cross Traffic

920万円

2歳新馬戦

3億3000万円
10位 / ペッレグリーニ C

[2-2-0-0] / B

レイデオロ

チャーチクワイア / C

手塚貴久 (美浦)

吉田勝己 / A

ノーザンファーム / S ネオユニヴァース

2,152万円

24’セントポーリア賞(500万下)

2023年の2歳馬の時点ではシュトラウスをはじめモーリス産駒が台頭していたが、その後勢いは落ち着いたように見える。

注目は海外産馬の新興産駒であるPalace Malice。

母親の半弟がクラシックディスタンス以上で猛威を振るったジャスティンパレス、日本芝との相性が良さそうな印象で今後もさらなる爆発もありそうだ。

現在はまだホープフルまで終わってのランキング構成ということもあり、まだまだランキングの変動は見られそうで今から楽しみだ。

牝馬ランキングトップ10

※名前をタップで次走予定・近況などの詳細にアクセス可能

順位/馬名 総合評価 成績
調教師
馬主
生産者 母父 獲得賞金
主な勝鞍
落札金額

1位 / アスコリピチェーノ

S [3-0-0-0] / S

ダイワメジャー

アスコルティ / A

黒岩陽一(美浦)

サンデーレーシング / S

ノーザンファーム / S Danehill Dancer 1億493万円
23’阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)
2位 / レガレイラ

AA

[2-0-1-0] / A

スワーヴリチャード

ロカ / B

木村哲也 (美浦)
サンデーレーシング / S

ノーザンファーム / S ハービンジャー 8,277万円
23’ホープフルS(G1)
3位 / チェルヴィニア AA [2-1-0-0] / A

ハービンジャー
チェッキーノ / A

木村哲也 (美浦)

サンデーレーシング / S

ノーザンファーム / S キングカメハメハ 3,775万円
23’アルテミスS(G3)

4位 / イフェイオン

A [2-0-1-0] / A

エピファネイア

イチオクノホシ / S

杉山佳明 (栗東)

社台レースホース / S

社台ファーム / S ゼンノロブロイ 4,581万円
24’フェアリーS(G3)

5位 / ステレンボッシュ

A [2-2-0-0] / A

エピファネイア

ブルークランズ / S

国枝栄 (美浦)

吉田勝己 / A

ノーザンファーム / S ルーラーシップ 4,884万円
23’赤松賞(500万下)
6位 / コラソンビート B

[3-0-2-0] / B

スワーヴリチャード

ルシェルドール / B

加藤士津 (美浦)

サラブレッドクラブ・ラフィアン / S

ノーザンファーム / S オルフェーヴル

7,810万円

23’京王杯2歳S(G2)

7位 / マスクオールウィン B

[2-2-1-1] / B

ドレフォン

チカアレグレ / A

牧光二 (美浦)

宮レーシング / B

社台ファーム / S ハーツクライ

4,318万円

23’黒松賞(500万下)

4,620万円

8位 / カルチャーデイ

B

[2-0-0-1] / B

ファインニードル

ラルティスタ / C

四位洋文 (栗東)

MMSホールディングス / C

松田牧場 / C マイネルラヴ

3,683万円
23’ファンタジーS(G3)

451万円
9位 / サフィラ B

[1-1-1-2] / B

ハーツクライ

サロミナ / S

池添学 (栗東)

シルクレーシング / S

ノーザンファーム / S Lomitas

2,920万円

23’2歳未勝利

10位 / タガノエルピーダ

B

[1-0-1-0] / B

キズナ

タガノレヴェントン / A

斉藤崇史 (栗東)

八木良司 / B

新冠タガノファーム / S キングカメハメハ

2,537万円

70’2歳新馬

2021年生まれの競走馬は現在、牝馬がアツい。

レガレイラをはじめ牡牝混合のレースでも勝てる強力な馬がいて、ジェンティルドンナのようなジャパンカップを制する可能性すらある。

まずは牝馬三冠、まだまだランキング下位は動く時期なので注目しておこう。

ダートランキングトップ10

※名前をタップで次走予定・近況などの詳細にアクセス可能

順位/馬名 総合評価 成績
調教師
馬主
生産者 母父 獲得賞金
主な勝鞍
落札金額
1位/ フォーエバーヤング S [3-0-0-0] / S

リアルスティール

フォエヴァーダーリング / B

矢作芳人(栗東)

藤田晋 / A

ノーザンファーム / S Congrats 720万円(中央) / 7700万円(地方)
全日本2歳ダービー
1億780万円
2位/ イーグルノワール A [3-1-0-2] / A

ブリックスアンドモルタル

アルティマブラッド / B

音無秀孝 (栗東)

社台レースホース / S

社台ファーム / S シンボリクリスエス 1,760万円(中央)
4,470万円(地方)
兵庫ジュニアグランプリ

3位/ モズミギカタアガリ

A [2-1-0-5] / A

グランプリボス

モズソフィ / B

米川昇 (北海道)

(株)キャピタル・シ / C

多田善弘 / C マンハッタンカフェ 2,435万円
23’エーデルワイス賞(G3)

4位/ サントノーレ

A [3-0-3-1] / A

エピカリス

リンガスウーノ/ B

田中淳司 (北海道)

(株)ラ・メール / B

松浦牧場 / B サウスヴィグラス 2795万円
鎌倉記念

5位/ サトノフェニックス

B [2-1-0-1] / A

ヘニーヒューズ

マーメイドティアラ / A

西園正都 (栗東)

里見治 / A

下河辺牧場 / A シンボリクリスエス 1,808万円(中央) / 1,410万円(地方)
23’ヤマボウシ賞(500万下)
6位/ スティールマジック B

[4-2-1-1]/ A

マジェスティックウォリアー

ゴールドジェーン / B

張田京 (地方)

菅野守雄 / A

笹島政信 / B キングカメハメハ

1,592万円 (地方)

23’JRA認定ウィナーズチャレンジ4(OP)

7位/ ナスティウェザー B

[2-1-0-2] / B

パイロ

レッドフェザー / A

加藤征弘 (美浦)

ゴドルフィン / S

ダーレー・ジャパン・ファーム / A ディープスカイ

2,242万円(中央) / 420万円(地方)
23’なでしこ賞(500万下)

8位/ ゼルトザーム

B

[2-0-1-3] / B

ヘニーヒューズ

ロザリウム / A

加用正 (栗東)

宮川純造 / C

富田牧場 / B キングカメハメハ

3,873万円(中央) / 750万円(地方)

23’函館2歳S(G3)

9位/ アマンテビアンコ C

[2-1-1-0] / A

ヘニーヒューズ

ユキチャン / A

宮田敬介 (美浦)

シルクレーシング / S

ノーザンファーム / S

クロフネ

2,630万円(中央)
700万円 (地方)
70’カトレアS(OP)

10位/ ウルトラノホシ

C

[3-0-0-4] / A

ホッコータルマエ

シータトウショウ / A

真島元徳 (佐賀)

中野香代子 / C

坂本春雄 / C ジェニュイン

2,150万円
23’JRA認定ネクストスター佐賀(モーニン(G)

1,650万円

現在の番付だけで考えるとフォーエバーヤング以外はまだまだランキング外もあるような状態。

今後、芝からダートへの転向などもあり、ここまで紹介してきたランキングの中で1番変動が激しくなることが予想される。

特に馬主のランク付けでBから下の馬に関しては馬主経験なども浅いので注意が必要だ。

距離ごとの有力馬・注目馬を一挙紹介

ここからは3歳馬の中から有力な馬を距離適性や芝・ダートごとに紹介していく。

紹介する順番はこちら。

有力馬・注目馬の
紹介カテゴリー
  1. 中距離
    (1800m~2,199m)
  2. 中長距離
    (2,200~2499m)
  3. 長距離
    (2500m以上)
  4. 短中距離
    (マイル)
  5. 短距離
  6. ダート

様々な距離で結果を出す競走馬もいることから、あくまで距離に関しては目安、そしてその距離のレースに出走する可能性の高い馬を選出している。

距離区分に関しても公式でよく用いられるSMILE区分ではなく、競走馬を距離別でバランスよく紹介する理由もあり、日本競馬界の現状を踏まえての区分に独自に置き換えているので注意してくれ。

中距離(1800m~2,199m)の有力馬・注目馬

年間を通しての中距離にあたる重賞のまとめはこちら。

日時
レース
会場
距離
条件
重量

01月14日(日)

G3京成杯

中山

芝2000m

3歳
馬齢
02月04日(日)
G3きさらぎ賞

京都

芝1800m

3歳

馬齢

02月11日(日)
G3共同通信杯
東京
芝1800m

3歳

馬齢

03月03日(日)
G2弥生賞

中山

芝2000m

3歳

馬齢

03月16日(土)
G3フラワーカップ

中山

芝1800m

3歳牝

馬齢

03月17日(日)
G2スプリングS

中山

芝1800m

3歳牡牝

馬齢

03月23日(土)
G3毎日杯

阪神

芝1800m

3歳

馬齢

04月14日(日)
G1皐月賞

中山

芝2000m

3歳牡牝

馬齢

04月21日(日)
G2フローラS

東京

芝2000m

3歳牝

馬齢

06月01日(土)
G3鳴尾記念

京都

芝2000m

3歳上

別定

06月09日(日)
G3エプソムC

東京

芝1800m

3歳上

別定

06月16日(日)
G3マーメイドS

京都

芝2000m

3歳上牝

ハンデ

06月30日(日)
G3ラジオNIKKEI賞

福島

芝1800m

3歳

ハンデ

07月21日(日)
G3中京記念

小倉

芝1800m

3歳上

ハンデ

07月28日(日)
G3クイーンS

札幌

芝1800m

3歳上牝

別定

08月11日(日)
G3小倉記念

中京

芝2000m

3歳上

ハンデ

08月18日(日)
G2札幌記念

札幌

芝2000m

3歳上

定量

09月01日(日)
G3新潟記念

新潟

芝2000m

3歳上

ハンデ

09月07日(土)
G2紫苑S

中山

芝2000m

3歳牝

馬齢

09月15日(日)
G2ローズS

中京

芝2000m

3歳牝

馬齢

10月06日(日)
G2毎日王冠

東京

芝1800m

3歳上

別定

10月13日(日)
G1秋華賞

京都

芝2000m

3歳牝

馬齢

10月14日(月)
G2府中牝馬S

東京

芝1800m

3歳上牝

別定

10月27日(日)
G1天皇賞(秋)

東京

芝2000m

3歳上

定量

11月10日(日)
G3福島記念

福島

芝2000m

3歳上

ハンデ

11月30日(土)
G3チャレンジC

京都

芝2000m

3歳上

別定

12月07日(土)
G3中日新聞杯

中京

芝2000m

3歳上

ハンデ

この距離で特にG1で結果の出せそうな馬は以下の2頭。

競馬口コミダービー
注目の中距離競走馬
  • ジャンタルマンタル
  • サンライズジパング

今年の主役級を張るジャンタルマンタル

競走馬ジャンタルマンタル

馬名
英名
ジャンタルマンタル
( Jantar Mantar )
生年月日

2021年3月21日

鞍上経験 鮫島克駿, 川田将雅
脚質 先行, 差し
生産者 社台ファーム
馬主 社台レースホース
調教師 高野友和 (栗東)

成績

獲得賞金総額

[3-0-0-0]

1億1,681万円

Palace Malice
インディアマントゥアナ
母父 Wilburn
近親馬

今注目のPalace Malice産駒のジャンタルマンタル。

父母もジャスティンパレスの生みの親、パレスルーマーで産駒としてポテンシャルはかなり高い。

さらに2024年のシンザン記念を制したノーブルロジャーが半弟ということで期待値はかなり上がっている。

現在の成績だけ言えばマイル適性だが、母父のWilburnからは2000m以上を走るグランベルナデットなども輩出しているので皐月賞までは走れるポテンシャルも高いだろう。

サンライズジパング

競走馬サンライズジパング

馬名
英名
サンライズジパング
(Sunrise Zipangu)
生年月日

2021年3月16日

鞍上経験 戸崎圭太、武豊、和田竜二、菅原明良、武豊
脚質 先行、差し、追込
生産者 追分ファーム
馬主 ライフハウス
調教師 音無秀孝 (栗東)

成績

獲得賞金総額

[2-1-1-2]

4,496万円(中央) / 980万円(地方)

キズナ
サイマー
母父 Zoffany
近親馬 グランシエロ、グランリュー

2歳馬の時点で良い走りを見せていたが、ミカエルパシャを差しで制した若駒Sでの差しで3歳での本格化を予感させているのがこのサンライズジパング。

クラシックを意識したローテで、期待はしているものの新興の馬主なことなど不安要素も若干あり。

皐月賞までは目指せるのは間違いないので期待したい。

中長距離(2,200~2499m)の有力馬・注目馬

年間を通しての中長距離にあたる重賞のまとめはこちら。

日時
レース
会場
距離
条件
重量

04月27日(土)

G2青葉賞

東京

芝2400m

3歳

馬齢

05月04日(土)

G2京都新聞杯

京都

芝2200m

3歳

馬齢

05月19日(日)

G1優駿牝馬(オークス)

東京

芝2400m

3歳牝

馬齢

05月26日(日)

G1東京優駿(ダービー)

東京

芝2400m

3歳牡

馬齢

06月23日(日)

G1宝塚記念

京都

芝2200m

3歳上

定量

09月16日(月)
G2セントライト記念

中山

芝2200m

3歳

馬齢

09月22日(日)

G2オールカマー

中山

芝2200m

3歳上

定量

09月22日(日)

G2神戸新聞杯

中京

芝2200m

3歳牡牝

馬齢

10月06日(日)

G2京都大賞典

京都

芝2400m

3歳上

別定

11月10日(日)
G1エリザベス女王杯

京都

芝2200m

3歳上牝

定量

11月24日(日)

G1ジャパンカップ

東京

芝2400m

3歳上

定量

この距離で特にG1で結果の出せそうな馬は以下の2頭。

競馬口コミダービー
注目の中距離競走馬
  • レガレイラ
  • シンエンペラー

史上初のホープフル勝利牝馬のレガレイラ

競走馬レガレイラ

馬名
英名
レガレイラ
(Regaleira)
生年月日

2021年4月12日

鞍上経験 ルメール
脚質 差し
生産者 ノーザンファーム
馬主 サンデーレーシング
調教師 木村哲也 (美浦)

成績

獲得賞金総額

[3-0-0-0]

8277万円

スワーヴリチャード
ロカ
母父 ハービンジャー
近親馬 ドゥラドーレス、ロックオブエイジス

史上初のホープフルS牝馬勝ち馬となったのがこのこのレガレイラ。

オーナーサイドはまさかの皐月賞だけでなく、ダービーを狙っているという情報もありかなり規格外の馬と言える。

皐月賞には近年挑んだ牝馬自体がおらず、ダービーに関しては1着を取れたのは2007年のウォッカ以来。

ノーザンファーム、サンデーレーシング、木村哲也という並びとこの実績なら皐月からダービーも夢物語ではないのは確かだ。

藤田晋さんの今年の中央イチオシ馬!シンエンペラー

競走馬シンエンペラー

馬名
英名
シンエンペラー
(Shin Emperor)
生年月日

2021年4月30日

鞍上経験 横山武史、モレイラ、ムルザバ
脚質 先行、差し
生産者 Ecurie Des Monceaux
馬主 藤田晋
調教師 矢作芳人 (栗東)

成績

獲得賞金総額

[2-1-0-0]

6905万円

Siyouni
Starlet’s Sister
母父 Galileo
近親馬 Sistercharlie、Sottsass

Abemaやウマ娘で有名なサイバーエージェントの社長、藤田晋さんの今年目玉の中央競馬管理の競走馬がこのシンエンペラーだ。

G3京都2歳Sを勝利し、ホープフルも2着と善戦、2024年は2000mに照準を合わせているので積極的にクラシックを狙っていることがわかる。

父親のSiyouniは凱旋門賞馬、晩成の血統だが早めの仕上がりに期待が高まる。

不安要素はソエが出ていること、それにより海外出走は様子を見ているようだがどうなるか。

長距離(2500m以上)の有力馬・注目馬

年間を通しての中長距離にあたる重賞のまとめはこちら。

日時
レース
会場
距離
条件
重量

10月20日(日)

G1菊花賞

京都

芝3000m

3歳牡牝

馬齢

11月03日(日)

G2アルゼンチン共和国杯

東京

芝2500m

3歳上

ハンデ

11月30日(土)

G2ステイヤーズS

中山

芝3600m

3歳上

別定

12月22日(日)

G1有馬記念

中山

芝2,500m

3歳上

定量

ダノックスの今年のイチオシ!ダノンデサイル

競走馬ダノンデサイル

馬名
英名
ダノンデサイル
(Danon Decile)
生年月日

2021年4月6日

鞍上経験 横山典弘
脚質 先行、差し
生産者 社台ファーム
馬主 ダノックス
調教師 安田翔伍 (栗東)

成績

獲得賞金総額

[2-0-0-2]

5313万円

エピファネイア
トップデサイル
母父 Congrats
近親馬 トップザビル、スタティスティクス

まだまだ長距離の注目馬を語るには早いが、長距離で今注目したい競走馬としてダノンデサイルの名前を挙げておこう。

G3京成杯で余裕を持った先行勝ち、さらに皐月賞直行の運営の考え方からダービーまでを見据えているのはすでに現時点でわかる。

エピファネイア産駒なら2500mまで走れることはわかっているので、うまく調教していけばダノックスで久々のクラシック有力馬が生まれるかもしれない。

短中距離(1400~1799m)の有力馬・注目馬

年間を通しての短中距離にあたる重賞のまとめはこちら。

日時
レース
会場
距離
条件
重量

01月07日(日)

G3フェアリーS

中山

芝1600m

3歳牝
馬齢
01月08日(日)
G3シンザン記念

京都

芝1600m

3歳

馬齢

02月10日(日)
G3クイーンC
東京
芝1,600m

3歳牝

馬齢

03月02日(土)
G2チューリップ賞

阪神

芝1600m

3歳牝

馬齢

03月10日(日)
G2フィリーズレビュー

阪神

芝1400m

3歳牝

馬齢

03月16日(土)
G3ファルコンS

中京

芝1400m

3歳

馬齢

04月06日(土)
G2ニュージーランドT

中山

芝1600m

3歳牡牝

馬齢

04月07日(日)
G1桜花賞

阪神

芝1600m

3歳牝

馬齢

04月13日(日)
G3アーリントンC

阪神

芝1600m

3歳

馬齢

05月05日(日)
G1NHKマイルC

東京

芝1600m

3歳牡牝

馬齢

06月02日(日)
G1安田記念

東京

芝1600m

3歳上

定量

08月11日(日)
G3関屋記念

新潟

芝1600m

3歳上

別定

09月08日(日)
G3京成杯オータムハンデ

中山

芝1600m

3歳上

ハンデ

10月19日(土)
G2富士S

東京

芝1600m

3歳上

別定

10月26日(土)
G2スワンS

京都

芝1400m

3歳上

別定

11月17日(日)
G1マイルチャンピオンシップ

京都

芝1600m

3歳上

定量

12月14日(土)
G3ターコイズS

中山

芝1600m

3歳上牝

ハンデ

12月21日(日)
G2阪神C

京都

芝1400m

3歳上

定量

この距離で特にG1で結果の出せそうな馬は以下の2頭。

競馬口コミダービー
注目の中距離競走馬
  • アスコリピチェーノ
  • コラソンビート

2歳最優秀牝馬受賞!アスコリピチェーノ

競走馬アスコリピチェーノ

馬名
英名
アスコリピチェーノ
(Ascoli Piceno)
生年月日

2021年2月24日

鞍上経験 ルメール、北村宏司
脚質 差し、追込
生産者 ノーザンファーム
馬主 サンデーレーシング
調教師 黒岩陽一 (美浦)

成績

獲得賞金総額

[3-0-0-]

1億493万円

ダイワメジャー
アスコルティ
母父 Danehill Dancer
近親馬 アスコルターレ、アスコルティアーモ

阪神JFを制したこの馬に注目しないわけにはいかないだろう。

父親は2歳リーディングでディープに勝ったことのあるダイワメジャー、同じく阪神JF勝利馬のレシステンシアと同じ産駒にあたる。

2頭ともJRA最優秀2歳牝馬、さらにアスコリピチェーノは先に紹介した注目馬レガレイラを退けての入賞と聞くとどれだけ競馬界で期待されているかわかるだろう。

レシステンシアは芝1600mのオークス、NHKマイルCで惜しくも2着に終わっているがこの壁を超えることができるか注目だ。

強力なライバルに阻まれながら存在感を示すコラソンビート

競走馬コラソンビート

馬名
英名
コラソンビート
(Corazon Beat)
生年月日

2021年2月26日

鞍上経験 横山武史、戸崎圭太
脚質 差し、先行、逃げ
生産者 ビッグレッドファーム
馬主 サラブレッドクラブ・ラフィアン
調教師 加藤士津 (美浦)

成績

獲得賞金総額

[3-0-2-0]

7810万円

スワーヴリチャード
ルシェルドール
母父 オルフェーヴル
近親馬 マイネルステラート

スワーヴリチャードの初産駒にあたるコラソンビート。

デビュー戦は3着に終わるもその新馬戦はその後ボンドガールなど勝ち上がりを6頭も輩出していて、コラソンビートの真価が見えたのはG2京王杯2歳S。

東京芝1400mでの25年ぶりになるレコードタイムを記録し、マイルを中心に今後もポテンシャルを発揮してくれそうな雰囲気を漂わせている。

この重賞勝利は厩舎的にも初勝利、有力な陣営だから勝てたというわけではないのも評価が高い。

阪神JFでは3着に終わったがG1でも戦えることを示したコラソンビートの2024年の行末は明るいはずだ。

短距離の有力馬・注目馬

年間を通しての短距離にあたる重賞のまとめはこちら。

日時
レース
会場
距離
条件
重量

05月25日(土)

G3葵S

京都

芝1200m

3歳

馬齢

06月03日(日)

G3函館スプリントS

函館

芝1200m

3歳上

別定

06月30日(日)

G3北九州記念

小倉

芝1200m

3歳上

ハンデ

07月28日(日)

G3アイビスSD

新潟

芝1000m

3歳上

別定

08月18日(日)

G3CBC賞

中京

芝1200m

3歳上

ハンデ

08月25日(日)

G3キーランドC

札幌

芝1200m

3歳上

別定

09月08日(日)

G2セントウルS

中京

芝1200m

3歳上

別定

09月29日(日)

G1スプリンターズS

中山

芝1200m

3歳上

定量

11月24日(日)

G3京阪杯

京都

芝1200m

3歳上

別定

カンナS勝利はまぐれではない!オーキッドロマンス

競走馬オーキッドロマンス

馬名
英名
オーキッドロマンス
(Orchid Romance)
生年月日

2021年4月1日

鞍上経験 M.デム、松岡正海、吉村智洋、内田博幸
脚質 逃げ、差し、追込
生産者 ミルファーム
馬主 ミルファーム
調教師 手塚貴久 (美浦)

成績

獲得賞金総額

[2-0-2-2]

5313万円

ロジャーバローズ
エキナシア
母父 スニッツェル
近親馬 ジュニパーベリー、ヘデラ

12番人気でまさかのダービー馬となったロジャーバローズの初産駒の出世頭。

マイルでそこまでの成績だったが、短距離で開花、カンナSを外から差して制しそのまま芝1400mの京王杯2歳Sでも好内容。

そのまま朝日杯あたりを目指すかと思いきや、意図の読み取りにくい急なダート出走で凡走と少し迷走しているのが現在だ。

キレもあり、可能性の塊のような馬だが今後の采配で未来は大きく変わるので陣営の発表には注視しておこう。

ダート最注目はフォーエバーヤング

競走馬フォーエバーヤング

馬名
英名
フォーエバーヤング
(Forever Young)
生年月日

2021年2月24日

鞍上経験 坂井瑠星
脚質 先行、差し
生産者 ノーザンファーム
馬主 藤田晋
調教師 矢作芳人 (栗東)

成績

獲得賞金総額

[3-0-0-0]

720万円(中央) / 7700万円(地方)

リアルスティール
フォエヴァーダーリング
母父 Congrats
近親馬 モンファボリ、ダノンマイソウル

リアルスティール産駒のG1初勝利としても話題になったフォーエバーヤングがダート注目馬としてはダントツと言ってもいい。

その走りはレモンポップを彷彿とさせ海外競馬にも意欲、レーティングはコントレイルと同等と話題づくしだ。

2024年から新設されたダート三冠制覇の可能性は海外出馬決定とともに消えたが、サウジ、UAE、ケンタッキーの海外ダービーローテではかなり期待したい。

3歳馬リーディングは現在トップがキズナ

馬名 出走頭数 勝利頭数 出走回数 勝利回数 入着賞金 勝馬率
1位 / キズナ 115 40 306 54 6億9523万円 0.347
2位 / エピファネイア 115 36 314 46

6億4394万円

0.313
3位 / スワーヴリチャード 71 22 237 27 4億7305万円 0.309
4位 / ドレフォン 101 33 319 39 4億3757万円 0.326
5位 / リアルスティール 72 28 209 32 4億1955万円 0.388
6位 / マジェスティックウォリアー 110 39 444 71

4億1751万円

0.354

7位 / モーリス 79 21 211 26 4億1595万円 0.265
8位 / ロードカナロア 75 27 212 30 3億5423万円 0.360
9位 / ダノンレジェンド 72 41 336 64 3億3812万円 0.569
10位 / ブリックスアンドモルタル 79 15 212 30 3億2181万円 0.189

勝馬頭数で言えば調教ノウハウも整ったキズナやエピファネイアが上位だが、次世代のスワーヴリチャードやリアルスティール産駒の台頭も印象的だ。

ランキング圏外とはなったがダイワメジャー産駒も12位、クラシックを経て今後のランキングは変動していくだろう。

馬名 出走頭数 勝利頭数 出走回数 勝利回数 入着賞金 勝ち馬率
1位 / キズナ 90 29 201 32 4億4288万円 0.322
2位 / エピファネイア 95 29 222 33

4億1581万円

0.305
3位 / スワーヴリチャード 62 20 151 25 4億264万円 0.323
4位 / モーリス 67 18 159 22 3億3864万円 0.269
5位 / ドレフォン 73 23 189 25 2億7017万円 0.315
6位 / ロードカナロア 58 19 138 21

2億6961万円

0.328 

7位 / ダイワメジャー 52 9 134 12 2億4944万円 0.173
8位 / リアルスティール 51 17 112 19 2億3985万円 0.333
9位 / ブリックスアンドモルタル 64 12 155 16 2億2154万円 0.188
10位 / ニューイヤーズデイ 58 15 145 16 1億9153万円 0.259

3歳時の重賞結果

※右にスクロール可能

 開催日
【グレード】レース名
勝利馬
騎手
2着馬
騎手
会場
条件
1月7日(日)
【G3】フェアリーS
イフェイオン
西村淳也
マスクオールウィン
津村明秀
中山・3歳牝
芝1600m
1月8日(月)
【G3】シンザン記念
ノーブルロジャー
川田将雅
エコロブルーム
C.ルメール
京都・3歳
芝1600m
1月14日(月)
【G3】京成杯
ダノンデサイル
横山典弘
アーバンシック
横山武史
中山・3歳
芝2000m
2月04日(日)
【G3】きさらぎ賞
ビザンチンドリーム
R.ピーヒュレク
ウォーターリヒト
幸英明
京都・3歳
芝1800m
2月10日(土)
【G3】クイーンC
クイーンズウォーク
川田将雅
アルセナール
C.ルメール
京都・3歳
芝1600m
2月11日(日)
【G3】共同通信杯
ジャスティンミラノ
戸崎圭太
ジャンタルマンタル
川田将雅
東京・3歳
芝1800m

※右にスクロール可能

開催日
レース名
勝利馬
騎手
2着馬
騎手
予想される
ローテ
グレード
条件
7月15日
函館2歳S
ゼルトザーム
浜中俊
ナナオ
西村淳也
小倉2歳S or
京王杯2歳S
G3 / 2歳
函館芝1200m

8月27日
新潟2歳S

アスコリピチャーノ

北村宏司

ショウナンマヌエラ

石橋脩

デイリー杯2歳S
or 朝日杯FS
G3 / 2歳
新潟芝1600m

9月2日

札幌2歳S

セットアップ
横山武史
パワーホール
横山典弘
阪神FS or
ホープフルS
G3 / 2歳
札幌芝1800m
9月3日
小倉2歳S
アスクワンタイム
岩田望来
ミルテンベルク
藤岡康太
京王杯2歳S or
ファンタジーS
G3 / 2歳
小倉芝1200m
10月7日
サウジアラビアRC
ゴンバデカーブース
松山弘平
ボンドガール
川田将雅
阪神JF or
朝日杯FS
G3 / 2歳
東京芝1600m

10月28日
アルテミスS

チェルヴィニア
ルメール
サフィラ
松山弘平
阪神JF G3 / 2歳牝馬
東京芝1600m
11月1日
エーデルワイス賞
モズミギカタアガリ
黒沢愛斗
スティールマジック
桑村真明
兵庫JGP Jpn3 / 2歳牝馬
門別ダート1200m
11月3日
JBC2歳優駿
フォーエバーヤング
坂井瑠星
サンライズジパング
和田竜二
全日本2歳優駿 Jpn3 / 2歳
門別ダート1800m

11月4日
京王杯2歳S

コラソンビート
横山武史
ロジリオン
北村宏司
朝日杯FS G2 / 2歳
東京芝1400m
11月4日
ファンタジーS
カルチャーデイ
酒井学
ドナベティ
坂井瑠星
阪神JF G3 / 2歳牝馬
阪神芝1400m
11月11日
デイリー杯2歳S
ジャンタルマンタル
鮫島克駿

エンヤラヴフェイス

幸英明

阪神JF or
朝日杯FS
G2 / 2歳
阪神芝1600m
11月18日
東スポ杯2歳S
シュトラウス
J.モレイラ
シュバルツクーゲル
西村淳也
ホープフルS
or 共同通信杯
G2 / 2歳
東京芝1800m
11月24日
兵庫JGP
イーグルノワール
松山弘平
サトノフェニックス
和田竜二
全日本2歳優駿 Jpn2 / 2歳
園田ダート1400m

11月25日
京都2歳S

シンエンペラー
J.モレイラ
プレリュードシチー
幸英明
ホープフルS
or 弥生賞
or 共同通信杯
G3 / 2歳
阪神芝2000m
12月10日
阪神JF

アスコリピチェーノ

北村宏司

ステレンボッシュ

C.ルメール

桜花賞 or
チューリップ賞
G1 / 2歳牝馬
阪神芝1600m
12月14日
全日本2歳優駿
フォーエバーヤング
坂井瑠星
イーグルノワール
松山弘平
ヒヤシンスS Jpn1 / 2歳
川崎ダート1600m
12月17日
朝日杯FS
ジャンタルマンタル
川田将雅
エコロヴァルツ
武豊

皐月賞 or
NHKマイルC

G1 / 2歳
阪神芝1600m
12月28日
ホープフルS
レガレイラ
C.ルメール
シンエンペラー
B.ムルザバエフ
弥生賞 or
皐月賞
G1 / 2歳
中山芝2000m

まとめ

ここまで各有力馬をランキング形式メインに紹介してきた。

この中から去年のソールオリエンスやタスティエーラ、リバティアイランドなどのような名馬が生まれるか今から楽しみにしておこう。

これからも気になった馬がいればランキングに変動もあるかもしれないので、大事なレースの前にはぜひこの記事をチェックしてみてくれ。

優良カテゴリーから探す

悪徳カテゴリーから探す